秋本治先生の
インタビュー

りぼんを読んでいるとお聞きしましたが、少女まんがのどんなところが好きですか?
愛情や友情などの心の動きがメインになっているところです。キャラクターの気持ちがすごく伝わってきて、読んでいると心にしみます。ちょっと弱っているときとかに読むと、癒されます。
今回りぼんに掲載される「檸檬の遠足の巻」のお話を思いついたきっかけは何ですか?
「生きる」という大切なことをテーマにしたお話で、読者に感動して欲しいと思ったことです。
りぼんで描いてみて、楽しかったことを教えてください。
絵柄を見やすく変えてみたり、少女まんが用のトーンを使ったりして、いつもと違う雰囲気を出したことです。
両さんを描くときのこだわりがあったら教えてください。
何か考えていたり、たくらんでいたりするときの両さんらしい表情です。今回は、男らしい両さんにチャレンジしました!
では、檸檬ちゃんを描くときのこだわりも教えてください。
目をキラキラさせたり、イキイキした表情を描いたり、とにかく、かわいらしく描くことです。
秋本先生と両さん、似ているところはありますか?
1つのことにこだわるところです。趣味がたくさんあったり、「楽しく生きよう」と思っているところも似てますね。
ストーリーは、どのように考えていますか?
「夏」とか、漠然なことでもいいので、テーマを決めてから考えています。
まんがを描く過程で、1番好きな作業はなんですか?
ペン入れです!
最近のマイブームを教えてください。
エヴァの食玩3Dカード集めです。コンビニで探して買っています。
最後に、りぼんっ子に一言お願いします!
まんがには、色んな体験がつまっていて、学べることがたくさんあります。まんがを読んで、元気のもとにしてください!!

(2011年8月1日)

(※インタビューは、2011年7月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc