朝香のりこ先生の
インタビュー

読みきり「純情ロリポップ」が生まれたきっかけはなんですか?
最初に作ったのは、ヒロイン・琴葉の見た目ですね。実は、高校生のときの投稿作のヒロインに近づけたんです。その子の見た目が気にいっていて、私の中ではその子の妹ぐらいの設定です(笑)。そこから、この子とツッコミが成立するのはどんな男の子だろう…と考えていって、椎野ができました。
ボケとツッコミっていうのはよく考えているんですか?
そうですね。私の中でその立ち位置がはっきりしていると、話が作りやすいんです。今回は琴葉がツッコミで椎野がボケなんですけど、直していくうちに椎野のボケがどんどんすごくなりましたね(笑)。
主人公・琴葉を描くときに気をつけた点はありますか?
基本的には笑わないキャラだけど、最後の笑顔に気合いを入れました!
椎野くんを描くときに気をつけた点はありますか?
かわいい系だけど、男の子だということは忘れずに意識しましたね。実は最初の段階では、椎野は主人公より年下で身長が高いっていう設定だったんです。でも流れを変えていくうちに、同い年になって、身長も当初より低くなりました(笑)。
扉絵のポイントはなんですか?
タイトルにちなんでアメをいっぱいちらしました! 琴葉は作中ではほとんど笑っていないのですが、せっかくの扉絵なので思いっきりかわいく笑ってもらいました。かなり貴重な笑顔です(笑)。
書いていて楽しかったシーンはありますか?
冒頭のサンタ服(笑)。かわいい柄のトーンを貼るのが楽しかったです。
ネーム直しをする際に、最初からずっと変更のないシーンはありますか?
最後の見開きシーンは変わってないです。あとは、きゅん止めしたときの琴葉の表情も変わってません(笑)。
まんがを描く上で、好きな作業と苦手な作業はなんですか?
正直、全部うまくできないです…。でも、目の中を描くことは隙です。かわいいシンプルな瞳を目指しています。私もまだいろいろ試し途中ですが、上だけ黒くて下にいくにつれて白くなっているグラデトーンを貼ると、ほどよくキラっと感も出せるような気がしています!
先生が最近キュンとしたことは?
愛犬にキュンとしました。ヨークシャテリアの女の子を飼っています。名前はてん(4才)。疲れたときにリビングに行くと、おしりを私のほうに向けながら「なでて~」って寄ってくるんですよ。それが本当にかわいくて、「よーし、なでたろ♡」って思っちゃいますね(笑)。
お話やキャラの種ってどういときに思いつきますか?
おいこまれたとき(笑)。どれだけがんばっていても、最後にいちばん力が出る…。
作中では気持ちを落ち着けるアイテムとしてアメがでてきますが、先生が気持ちを落ち着かせたいときにすることはなんですか?
変な顔になることが多いです。なんでも顔に出るタイプなんですよ。顔に感情を出すことで、気持ちが落ちついていきます。
最後にりぼんっ子にメッセージをお願いします!
はじめまして! きゅん止めをする主人公に共感してもらえるとうれしいです♪

(2015年12月1日)

(※インタビューは、2015年11月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc