姫川恵梨先生

姫川恵梨先生の
インタビュー

本誌初登場ですが、今回の「午前7時のイノセンス」のみどころはどこですか?
主人公の一途で一生懸命なところです。
このお話が生まれたキッカケは何ですか?
一途な子が描きたいって思ったのがキッカケです。そこから一途な子ってどういう行動をとるんだろう…って考えていきました。
好きな人の席に座るのが幸せな主人公・真綾ちゃんですが、姫川先生は共感できますか?
私も好きな人の席に座ったことあります(笑)。私、学校行くの早くて…やってましたね。
姫川先生があこがれる、学校でのラブシチュエーションを教えてください。
先生とナイショで付き合う、みたいなのはあこがれます。学生のとき先生を好きだったことがあるので(笑)。
真綾ちゃんを描くときに、こだわっている部分はありますか?
女の子らしい表情とか性格が伝わるようにしています。
では、小笠原くんを描くときにこだわっている部分はどこですか?
骨格を男らしく、骨っぽさを出せるように気をつけています。
初めてまんがを描いたのはいつですか?
道具を使って完成させたのは、16歳のときです。ノートにシャーペンで描いたのは小4くらいかな…。友だちと交換漫画みたいなのをしてました。
まんがを描く過程で、好きな作業と嫌いな作業を教えてください。
好きなのは枠線引きです。何も考えずに描けるからから好きですね。最近は背景も好きです。建物とかも好きだけど、木の葉っぱとか描くのが好きです。嫌いなのは…ネームです。何回も果てしなく直していくので、くじけそうになります…。
夏休みの思い出を教えてください!
花火! 打ち上げも手持ちも、どっちも好きです。
最近のマイブームを教えてください!
知人の影響で、アニメにハマってます!
最後に、りぼんっ子に一言お願いします!
がんばって描いたので、読んでくれるとうれしいです♪

(2012年7月1日)

(※インタビューは、2012年6月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc