池田春香先生

池田春香先生
のインタビュー

「ゆきと妖精の香水瓶」のみどころをどうぞ!
香水とか妖精とか、かわいくなっていく過程に女の子の憧れをつめこみたい!と思って描きました。
このお話が生まれたキッカケを教えてください!
増刊で人魚の話を描いたときに、ファンタジー要素があるものをもっと描きたいな、と思ったのがキッカケです。
主人公のゆきを描くときのこだわりを教えてください。
髪型がショートなので、その中に女の子らしさを出すこと。ヘアアレとかは篠田麻里子さんを参考にしました。
星へのこだわりは?
「こんな幼なじみがいたらなぁ」という憧れをつめこみました。
妖精のエルを描くときは?
とにかくかわいく。小さい体の中にリボンやお花とかかわいいパーツをいっぱいつけました。リボンで動きを表現するのが大変だった…。
かわいらしい雑貨が好きなんですか?
好きです。モチーフだと、さくらんぼとか人魚のモチーフが好きです。
描いていて楽しかったシーンはどこですか?
最後のゆきと星のシーン。会話のセリフも行動もワクワクしながら描けました。
ゆきは中学2年生ですが、先生は中学生のとき、どんな女の子でしたか?
ゆきと一緒で子どもっぽかったです。洋服とかメイクにも興味がなくて、絵を描いてばっかりでした。まわりの子をすごいな~って思って見ていました。
告白のセリフってどうやって考えていますか?
自分自身や、友人の実体験から考えることが多いかも。
2013年に1番印象に残っていることは?
まんがをいっぱい描けました!
最後にりぼんっ子に一言お願いします!
女の子には絶対きれいになるときがあると思うので、ゆきが変わっていく過程を楽しんでもらえたらうれしいです!

(2013年11月30日)

(※インタビューは、2013年11月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc