かるき春先生

かるき春先生
のインタビュー

読みきり「天使さま おことわり!」のお話が生まれたキッカケは?
人間じゃないキャラが、人間の女の子に振り回される姿を描きたくて。あと、天使はずっと描きたかったので!
描いていて楽しかったシーンはどこですか?
やっぱり天使が主人公に振り回されるシーンですね。あとは、母と娘のラストに向けてのシーンは「ここが描きたかった!」っていう感じで、気持ちを入れて描いてました。
主人公のいばらをかくときのこだわりは?
子どもっぽい見た目なんだけど、背伸びしてる雰囲気がでるように。私自身、お母さんに素直になれないときもあったので、共感する部分もありました。
天使へのこだわりは?
ちょっかいを出しながらも、いばらをあたたかく見守る感じが出るように。天使なので、羽根を描くのが大変でした。鳥の羽根を観察して研究しました(笑)。
まんがを描くときにいちばん大事にしていることは何?
表情。泣きそうだったり、切なかったりっていう表情が、感情がのせやすくて好きです。自分も同じ顔して描いてますね(笑)。むずかしいのは笑顔。いろんな種類がありすぎて…!
原稿中にテンションを上げるためにやっていることはありますか?
音楽を聴くか、散歩に出かけるか。 原稿中は、コーヒーか炭酸を飲んでいます。
母の日には何かしてた?
小学生のときは、折り紙で花束を作ってあげたりしてました! ひとり暮らしをはじめてからは、お菓子を贈ったり、お菓子の本を見せてお母さんがリクエストしたものを作ったりしています。
お菓子作りは得意なんですか?
得意というよりも、ストレス解消法の1つですね。バナナブレッドが作るのも簡単だし、おいしいので好きです。
最後にりぼんっ子に一言お願いします!
こんな天使がいてくれたらいいなって思ってもらえたらバンバンザイです!

(2014年5月1日)

(※インタビューは、2014年4月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc