風見ひゅう先生

風見ひゅう先生
のインタビュー

「その音が響くとき」のみどころをどうぞ!
主人公・こはるのおバカだけど、一生懸命なところ★
このお話が生まれたキッカケを教えてください!
私自身が犬の鳴き声をアラームに使っていて、その着信音を使って何かお話を考えられないかなーってところから考えていきました。
犬がお好きなんですか?
いや…まったく逆で苦手なんです(笑)。苦手な犬の鳴き声が聞こえたら起きられるかな…って思って…。一瞬ビクっとはするけど、いるわけないのでまた寝ちゃうんですけど(苦笑)。
主人公のこはるちゃんを描くときのこだわりを教えてください。
コロコロ表情が変わるところ。落ち込んでも前向きでいてくれるように気をつけました。
相手役・岡本くんは?
明るくてバカなんだけど、男っぽい。クラスにこういう子がいたら盛り上がりそうですよね。
着信音から考えていって、この2人のキャラにしようと思ったのは、どうしてですか?
着信音を鳴らすのは男の子にしたいとは決めていて。そこから、こういう着信音使うなら、こんな男の子→こういう子を好きになる女の子は元気な子かな…という感じです。
描いていて楽しかったシーンはどこですか?
2人のやりとり。あと、こはるの表情は描いていて楽しいです。
先生の着信音は?
着信音自体は、マナーモードなんです(笑)。家の中でもずっと。
漫画を描くときの工程で好きな作業は?
完成原稿の枚数を数えるとき(笑)。達成感があって好き。どのトーンを使うか選ぶのも好きです。
苦手な作業は?
ネーム。着地点がなかなか決められなくて困ります…。
ハロウィンと聞いて思い出すものは?
お菓子いっぱい!っていうイメージですね。ハロウィンパーティーとかは、やったことないです。お菓子はチョコが大好きで、原稿中もよく食べています。
最後にりぼんっ子に一言お願いします!
はじめまして! ドタバタしたお話ですが、よろしくお願いします!

(2013年10月1日)

(※インタビューは、2013年9月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc