木村恭子先生

木村恭子先生
のインタビュー

「好きなヤツはできた。」で本誌初れんさい! 意気込みをお願いします!
が、がんばります…!
「好きなヤツはできた。」が生まれたキッカケは何ですか?
すみません! 全然覚えてないです! いくつか考えた中の1つでした。
木村先生が中学生のとき、好きな人はいましたか?
小学校から好きで中1のときまで好きだった人はいたんですけど、
中学校に入ってから好きになった人はいなかったですね。
木村先生が最初に意識した、成長期の男の子の変化って何ですか?
背ですね。夏休み明けたらすっごい大きくなってて。顔はそのままなのに、
身体だけおっきくなってたりするんで「うそー」みたいな(笑)。
すごいビックリしました。
珠理名を描くときに、こだわっている部分はどこですか?
ちょっと大ざっぱな感じを出すことです。制服のリボンもちゃんと結べてなかったり、髪の毛も結んでるうちにゆるくなってもそのままにしてたり、自分に対してちょっと雑なんです。表情とかも口あけっぱなしとか(笑)。
藤代を描くときに、こだわっている部分はどこですか?
すごくかっこいいわけじゃないよって周りは思っているのに、自分はかっこいいって思ってるから、この髪型をしてる! っていう妙な自信を出せればいいな、って思ってます。
「好きなヤツはできた。」のお話を描くときに、こだわっている部分はどこですか?
好きとか好きじゃないとか気になる前から、この2人は仲がいいっていうのが出るといいなって思って描いてます。
まんがを描くときは、登場人物に感情移入して描きますか?
はい。完全にこういう気持ちになったことはないけど、
こういうような気持ちにはなったことはある気がするっていう感じですね。
まんがを描く上で、1番好きな作業は何ですか?
全部好きです。
全部やることが違うから、1個ずつやりだすとそれが楽しくてたまらなくなります(笑)。上手い下手関係なく、楽しくなる。数本だけどたまにいい線が描けるので、その数本のためにやってるっていう感じです。
逆に、苦手な作業は何ですか?
え、全部苦手です。
初めてまんがを描いたのはいつですか?
つけペンを初めて使ったのは小6のときです。つけペンむずかしかったです。
今も慣れてないですけど。
キャラクターデザインを考えるときは、どうやって考えていますか?
凝りすぎず、シンプルすぎず。髪型とか自分が好きな見た目を反映させたりします。
最近どこかに遊びに行きましたか?
行きました! 友だちとご飯食べました。ガールズトークです!
最近のマイブームを教えてください!
読書! 友だちから借りた本が面白くてハマりました。
最後に、りぼんっ子に一言お願いします!
がんばります! おてやわらかにお願いします。

(2012年5月1日)

(※インタビューは、2012年4月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc