黒崎みのり先生

黒崎みのり先生
のインタビュー

『HKT48物語』を描いていて楽しかったことはなんですか?
ステージシーンです! 美化しなくても、本人たちがかわいいので、めちゃめちゃ楽しかったです。
今回のお話で注目してほしいところはなんですか?
メンバーそれぞれが頑張って支えあっているんだなって、感じてもらえたら嬉しいです。
メンバーを描くうえでこだわったところはなんですか?
宮脇咲良ちゃんは、大きな耳とツヤツヤの髪。兒玉遥ちゃんは、タレ目な感じとふんわり笑う表情。
実在のアイドルを描くのに大変だったことはなんですか?
ステージでキラキラ輝いてる姿と、悩んでいるシーンのギャップを描くのが大変でした。キラキラと辛そうな表情のギャップは描いたことがなくて、バランスをとるのがむずかしかったです。
先生はアイドル好きなんですか?
好きです。キラキラしてるな~って思います。
お話の中でHKT48メンバーの、人生のターニングポイントとなった出来事が描かれていますが、先生にもそういう経験はありますか?
高2のときの失恋でしょうか(笑)。失恋をして、ほかに気持ちをぶつけるものが欲しくて描いたのがまんが。それが初投稿作品でした。
まんがを描くとき、得意な作業と苦手な作業はなんですか?
得意というか好きなことは……ネーム。消去法ですが(笑)。苦しいんだけど、やりがいがあります。苦手なのは、ペン入れ。いまだにキラキラした感じが出せないです。
先生の夢はなんですか?
小さいことなんですけど、原稿中も夕飯を作れるようになること(笑)。
この夏、やりたいことはなんですか?
BBQです!!!
最後に、りぼんっ子にメッセージをお願いします!
みんなもHKT48のように、“限界の1ミリ先”に向かってがんばれ!
(※インタビューは、2014年7月現在のものです。)

2014年8月1日

(※インタビューは、2014年7月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc