増田ゆな先生

増田ゆな先生
のインタビュー

読みきり『リコレクション』が生まれたキッカケはなんですか?
大学である講座を受けたときに“忘れられない人”とか“みんなの心の中に残りたい”っていうセリフが浮かんできて。そのセリフが出てくるお話を描きたいと思ったのがキッカケです。
キャラクターはすぐにできあがりましたか?
最初はそのセリフを言う子を主人公にしていました。でも、記憶が消えてしまう主人公だと視点がさだまらなくて、読者の方を混乱させてしまうかな…と思って、それで男の子のほうに。そんな彼の考え方を知って成長できる主人公にしたいと思って、花織が生まれました。
花織ちゃんを描くときに気をつけたことはなんですか?
おとなしい子だけど、成長しようとする意思ができるように気をつけました。
キヨくんを描くときに気をつけたことはなんですか?
ワンコっぽい感じになるといいなと思ったので、髪をふわっとさせました。
お話を考えるときに気をつけていることはなんですか?
印象に残るシーンが1つでもあるようにとは思っています。でも毎回、がけっぷちなんですけど(笑)。
描いていて楽しかったシーンはどこですか?
お話が生まれるキッカケにもなった“みんなの心に残りたい”って言っているシーンは気持ちがグッと入りましたね。
先生にとっての高校生時代の忘れられない記憶はありますか?
中・高と本当に楽しかったんです。学校が大好きで、学校に行くだけで楽しかった。その中でも、受験勉強をした1年間はすごくいい思い出として一生忘れないと思います。当時はもちろん大変でしたけど(笑)。でも、ひとつのことを一生懸命がんばってるみんなをみて、同じ年でこんなにかっこいい子がいるんだって思って、私も刺激されました。勉強してるときは1人だけど、みんなもがんばってるんだって気持ちがあって。一体感があって、青春してるなって感じがしました。入りたい大学に向けたみんなの愛に感動した1年間でしたね。
まんがを書く上で好きな作業とニガテな作業はなんですか?
好きな作業は、トーン貼りと絵を描く作業。トーンは画面に奥行きが出たり、キラキラするのが楽しいです。削る作業も好きです。よーく見るとどのトーンでも小さなドットで出来ているんです。その点を意識しながら削るとうまくいく気がします。絵は、泣き顔が好きです。気持ちがあふれないと、涙って出てこないと思うので。感情があふれた瞬間の泣き顔はどんな感情でもきれいだな~と思いますね。苦手なのはネーム。自分の頭に中にあるものを32Pにおさめて、コマもいい感じにわって…っていう作業がしんどいです(苦笑)。
最初に好きになったヒーローは誰ですか?
『満月をさがして』のタクトくん。主人公のそばで支えてくれる姿が好きです。
最後にりぼんっ子にメッセージをお願いします!
自分の忘れられない人や心に残った出来事を思い出すキッカケになれたらうれしいです。ぜひ、そのお話も聞かせてください♪

(2016年11月1日)

(※インタビューは、2016年10月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc