さくらももこ先生

さくらももこ先生
のインタビュー

待望の集中れんさいスタート。お話のテーマの1つを“ホームステイ”にしたのはどうしてですか?
23年ぶりの映画作品なので、いつもとは違う内容にしようと思ったのですが、まる子たちを海外に行かせるわけにはいかないので、海外から来てもらうことにしました。
今回のお話の見どころを教えてください!
友情や人の想いがずっと続いているところです。心温まるエピソードがいっぱいあります。
今回のれんさいで、たくさんの新しいキャラが登場しますが、キャラはどうやって考えていきましたか?
それぞれの国のイメージや、ホストファミリーの家の生徒に合う感じにしようという方向で考えました。
『ちびまる子ちゃん』に登場するキャラで、1番描きやすいキャラは誰ですか?
山根とか藤木です。おとなしいわりにズケズケ言ってしまうので、使いやすいキャラです。
今回のカラー扉について、ポイントやテーマを教えてください!
「いろんな国から友達がやってくるよ」という、わくわくした感じになればいいなと思って描きました。映画のチームと、この絵だけは相談しました。
さくら先生がホームステイをするとしたら、どこがいいですか?
フランスのアルザス地方です。前に一度だけ行ったのですが、すごくキレイで幸せな場所だったので。
アニメ「ちびまる子ちゃん」が25周年。25年前にアニメがスタートしたときに1番おどろいたことは何ですか?
自分のキャラが動いたことです。試写会では号泣でした。
『りぼん』は今年で創刊60周年をむかえました。さくら先生が、『りぼん』でデビューしてから、1番思いで深いできごとは何ですか?
いっぱいありますが、デビュー作が載った時は感激しました。
最後にりぼんっ子に一言お願いします!
いつも応援ありがとうございます。今回のれんさいはいつもより長いのですが、がんばって描きますのでどうぞよろしくお願いします!
映画もぜひ観てね!

(2015年9月1日)

(※インタビューは、2015年8月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc