瀬川あや先生

瀬川あや先生
のインタビュー

新れんさい「ハツコイに、手錠」が生まれたきっかけはなんですか?
担当さんに「感情移入できるように瀬川さん自身に近いキャラがいいんじゃない?」って言われたのがキッカケです。主人公の菜沙のストーカー気質なところは、かなり私に近いです(笑)。私=ストーカー気質っていう考えに直結するレベルではないんですけど。「私みたいなキャラって何だろう」って考えてたときに、ちょうど友達が失恋したんです。それで、その子を励ますために自分の過去の片想いの話をしたら、爆笑して元気になってくれた(笑)。作中で菜沙がやっているようなことなんですけど。それで、友達が「おもしろいから、もっと話していったほうがいいよ」って言ってくれて、菜沙が生まれました。1話で菜沙がやったおまじないも実体験です(笑)。
タイトルの由来はなんですか?
いろいろ候補はありましたが、“初恋をつかまえる”っていう意味で、今のタイトルにおちつきました。
主人公・菜沙を描くときに気をつけている点はありますか?
とにかくポジティブバカにしたいなとは思っています(笑)。怒っていたかと思えば、すぐに忘れてときめいていたり…テンションのあげさげが激しいシーンは菜沙らしさがあふれいていると思います。
ヒーローの千博くんを描くときに気をつけている点はありますか?
「絶対やさしいことは言わせないぞ!」って心を強くもって描いています。お兄ちゃんは、千尋とくらべて大人っぽくなるようには意識していますね。あと、千博はつり目、お兄ちゃんはタレ目です。
扉絵のポイントはありますか?
れんさい1回目、パンパカパーンって感じにしました(笑)。基本的にはコピックを使っています。いろいろ塗り方を模索中ですが、肌と髪を塗ってるときがたのしい。なので、いつも最初に塗っちゃいます。
書いていて楽しかったシーンはありますか?
菜沙が千博に取調べされているところかな(笑)。主人公のバカさがでていて好きです。この2人がかけあいしているところは、関係性がよく出ていてたのしいです。
ネーム直しをする際に、最初からずっと変更のないシーンはありますか?
やっぱり菜沙の性格かな。菜沙は私なので、ブレないです(笑)。他はかなり変わっています。千尋も最初は今よりぬけた性格だったし、先輩もただいい人だった。実は最初は読みきりとしてかき上げたネームだったので、最後の2ページくらいの展開も大幅にちがうんです。
冒頭で、千博に勝手に待ち受け画面に設定されるシーンがありますが、先生自身の待ちうけ画面は何ですか?
仲良しの佐々木奈緒先生です(笑)。ハローウィン時期にとったので、ハローウィン仕様です。
お話やキャラの種ってどういときに思いつきますか?
人とどうでもいい話をしているときが多いです。「そういう人もいるんだ! そういう話を描きたいな」みたいな。1人で考えこんでも浮かばないタイプなので、誰かと話すことで発想力が刺激されるんだと思います。
最後にりぼんっ子にメッセージをお願いします!
ヒロインをストーカー気質の子にしたのは、自分に近いからっていうのもあるんですけど(笑)、それと同時に、程度に差はあれど、好きな人のことを知りたいなって思う気持ちは女の子なら誰しもが持っていると思うので…そういう気持ちに共感してもらえるとうれしいです! 初れんさい、よろしくお願いします!

(2015年12月1日)

(※インタビューは、2015年11月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc