雪丸もえ先生

雪丸もえ先生
のインタビュー

まずはりぼん賞デビューの感想をどうぞ!
デビューだけでも幸せいっぱいなのに、りぼん賞だなんてもうどうしたらいいのやら! ひたすら「うれしい!!」のひと言につきます・・・がんばります!
いきなりの本誌ですが、それについてはいかがですか?
本当にいきなりで、「心の準備ができてないよ!?」みたいな(笑)。でもこんな素晴らしい機会を与えてくださって本当にありがとうございます!という気持ちです!
このまんがの見どころはどこですか?
最初から最後までうたが流れているようなイメージで描きました。少しでも感じてもらえたらいいなと思います。
まんがを描く上での苦労はどんな点ですか?
絵も話も、紙の上でイメージどおりに実現できないときはとてももどかしいです。
今後はどんなまんがを描いていこうと思いますか?
読んだあと笑顔になってもらえるような、あったかいまんがを描いていきたいです。
最後にりぼん読者にメッセージをお願いします。
私自身とても楽しんで描いたお話なので、みなさんにも楽しんでもらえたらうれしいです。どうぞよろしくおねがいします♪

(2006年10月1日)

(※インタビューは、2006年9月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc