柚原瑞香先生

柚原瑞香先生
のインタビュー

読みきり「まいごのこねこ」のみどころを教えてください!
男の子のテレ具合です。テレ男子萌えをしていただければ…。あと、卒業近くの切なさを出したくて描いたので、そこもみどころかな。
「まいごのこねこ」が生まれたキッカケは何ですか?
夏なので、夏休みが描きたいって思っていて、夏のどこか切ない感じも出したいなーと思ったときに、中学3年生の夏休みだといろいろありそうだなぁっていうところからスタートしました。
未亜ちゃんを描くときに気をつけていたのはどこですか?
ちょっとツリ目ぎみだけど、かわいさを出せるように描きました。
久世くんを描くときに気をつけていたのはどこですか?
かっこよさが課題なので、目や鼻のシュッとした感じが出せるように気をつけました。あと久世くんの髪の毛がわりとストレートなので、そこからもシュッとした感じが出せるように描きました(笑)。
久世くんみたいな男の子をどう思いますか?
わりと好きです。でも私だったら、からみづらいかもしれないですね…。未亜みたいにはからめないですね。人見知りなので、言われるだけ言われて終わりそう(笑)。
柚原先生は、中学3年生の夏はどうやって過ごしていましたか?
夏期講習に通ってました! でも最後だー!って思うことなく淡々と過ごしてましたね。
このお話を描く上で大切にしていたことは何ですか?
夏っぽさとキラキラ感を出せるようにしました。水をバーってかけるシーンがお気に入りです。
柚原先生的な“寄り道”があったら教えてください。
あんまりしたことないんです。だからすごい憧れです。
思い出に残る夏休みの出来事はありますか?
高校生のときに友だちと公園で花火してひたすらしゃべったことかな。蚊にさされて大変でした(笑)。
最後に、りぼんっ子に一言お願いします!
少しでも夏っぽさを感じて共感してもらえるとうれしいです♪

(2012年8月1日)

(※インタビューは、2012年7月現在のものです。)

インタビューリスト

とじる

Copyright© Shueisha Inc